ワイヤレス給電

「ワイヤレス給電」、それは産業構造が激変するほどの可能性を秘めています。

技術革新を誘発する潜在力を持つワイヤレス給電は、

特許の市場性10兆円、収益は1兆円、特許許諾料は1000億円を見込んでいます。

着手金は、200億円を計画しています。

最大のターゲットは米国のワイトリシティ社である。

自動車産業の根幹を決める大きな特許です。
------------
特許はWQC株式会社が所有しており、WQC株式会社の株式45.2%をネオテス株式会社が所有しています。

最終的に合弁して、WQC株式会社を上場させる計画です。



--------------------------------------------------------------------------------

ワイヤレス給電の課題と将来
--------------------------------------------------------------------------------
ワイヤレス充電の最大の問題点は、送電側と受電側の接点がずれると充電できないことです。WQC、ネオテスの給電システムはこの問題を解消しています。

ワイヤレス給電では給電効率を良くすることが課題である。しかし、一般にワイヤレス給電では給電効率を高くしようとすればロバスト性(位置の自由度のこと)が低くなり、ロバスト性を高くしようとすれば給電効率が低くなるという。効率とロバスト性とはトレードオフの関係になっておりこれをどう解決するかが業界の最大の課題となっている。この相反する課題を同時に解決するものが“位相の同期”である。
ロバスト性が低いということはどういうことかというと、例えばスマートフォンの充電(Qiという規格)も既存のワイヤレス給電技術では、送電パッドの上に乗せたスマートフォンの送電側と受電側の位置をしっかりと合わせないと充電ができない。少しでも位置がずれると発熱して効率が下がってしまうのだ。その使い勝手の悪さがスマートフォンのワイヤレス給電の障害になっているとも考えられる。こうした中で、送電コイルと受電コイルとの距離や位置関係が変化した場合にも高い効率で送受電できる(ロバスト性を高くする)新方式が牛嶋 昌和氏により発明された。

--------------------------------------------------------------------------------

市場規模 ~2023年のワイヤレス給電世界市場は3,590億円へ成長~
--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------

ワイヤレス電力伝送がもたらす未来の社会
--------------------------------------------------------------------------------

このワイヤレス給電の新技術は、携帯電話、パソコン、シェーバー、歯ブラシなどの家電へのワイヤレス給電の効率を向上させるのはもちろん、ロボット掃除機やドローンなど自動操縦されるロボットの分野においても飛躍的に利便性を向上させることが期待される。Qiなどの既存規格に適用して性能改善することも可能であり、ワイヤレス給電のデファクトスタンダードと成り得る技術だ。電動工具、おもちゃ、水中ロボット、ゴルフカート、シニアカー、無人搬送車、フォークリフト、スリップリング、モーター回転子、液体中給電、体内医療機器、航空機、ロケット、ミサイル、人工衛星の各種給電、EV、家電など、ありとあらゆる分野での応用が見込まれる。WQC社は今後、この新技術を世の中に浸透させることで、人々の暮らしの向上に貢献していく考えだ。


--------------------------------------------------------------------------------

ワイヤレス給電の新方式を発明した牛嶋氏。今後さらに開発を進め実用化を目指す。
--------------------------------------------------------------------------------

ビジネスモデルは給電システムの半導体を販売することになります。

2023年には売上に対する純利益が約30%になるビジネスモデルです。

牛嶋社⾧によると売上目標は200億円で、その時の純利益は100億円と予想されます。

--------------------------------------------------------------------------------

更新情報
--------------------------------------------------------------------------------

2021年8月20日:
世界のトップのオイルマネー国家に、1,000億円の特許許諾料を提案した。
その国家はワイトリシティ社の利権に対抗して1兆円の利益が出るだろうと提案した。
この案件が成立すると、当社としては最低500億円の利益が得られます。

-----------------------------------------

2021年8月26日:
IS会議室で特許についての打ち合わせ
ネオテスがWQCから取得したワイヤレス給電についての特許をISに「再実施権付き特許許諾実施権」として契約が締結される事が承認された。

ネオテス社牛嶋社長の事業計画では、9月中旬にドアーの非接触充電サンプルが出来、自信のある製品であると言われている。8月27日には、電子デバイス新聞の取材を受けます。
売上も近々には数億円となりper100くらいとすれば、650万円と自信を持って話されています。

-----------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------

関係者へのファイルはこちらから(アクセス制限あり)